• Comments Off

    ちくびの黒ずみはホルモンバランス乱れが大きく影響している

    ちくびの黒ずみは日頃からの、衣類の摩擦や圧迫によっても引き起こります。こうした行為はバリア機能を低下させますし、皮膚の生まれ変わりを遅くさせます。新陳代謝が低下していきますから、皮膚の角質は余計に硬くなっていきます。皮膚表面に蓄積した古い角質は、そのうちに色素沈着を起こすこととなります。こうしたライススタイルからの影響とともに、女性の場合はホルモンバランス乱れの影響を大きく受けます。こうしたちくびの黒ずみを引き起こしやすいのは、ライフシーンの変化も関わっていて、生理や妊娠、出産や受注といった女性のライフイベントの時には、女性ホルモンは乱れやすくなります。こうした時期には体内において、黄体ホルモン分泌が活発化します。黄体ホルモンは母体をつくるための成分でもありますが、加えて大量のメラニン色素も発生させます。こうした大量のメラニン発生をさせる作用は、皮膚への色素沈着を引き起こしたり、シミをつくる原因にもなるわけです。出産を終えたあとに、お肌にシミができやすくなったり、ちくびが黒ずむというのは、こうした原因があるためです。時期さえすぎれば少しは薄くなりますが、お手入れをしないとなかなか改善はされません。

    ホルモンバランス乱れを整えよう

    ちくびの黒ずみはホルモンバランス乱れが関係していますが、女性ホルモンによってちくびをピンク色にしていくことは可能です。黄体ホルモンとともに、女性ホルモンでバランスを取っているのが、卵胞ホルモンです。ちくびをピンク色にしていく作用があるのは、この卵胞ホルモンの働きによるものです。キレイな色にしていくためには、卵胞ホルモンのエストロゲンの働きを順調にしてあげることが大事ということです。女性ホルモンバランスを整えるためには、食事も大切にすることです。イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンととても似ている構造をしています。大豆胚芽にたくさん含まれていて、摂取によって不足気味なエストロゲンを補います。お肌も美しく維持しますし、更年期障害や生理不順の症状を緩和したりもします。生活の中では規則正しい生活をすることによって、女性ホルモンのバランスを整えることにもなります。夜ふかしはやめて、朝は毎日同じくらいの時間に起きて、体内バランスも整えましょう。リズムのよい生活をすると、自律神経は正常に整いますし、女性ホルモンの乱れも防止できます。朝日をあびて軽くストレッチをして、朝ごはんも食べるようにしましょう。